リソースの作成(1.7.10)

1.7.10の開発講座を修正中です。このページには誤りや古い情報が含まれる可能性があります。

テクスチャや言語ファイルなどのリソースを作成する。

テクスチャ

※ver 1.8から、テクスチャの指定方法が変わった。ここで説明するのはver 1.7のもの。

16×16・32×32・64×64ならForgeが読み込んでくれる。また、透過pngを利用することもできる。太字の箇所は自分でフォルダを作る。

アイテム

“C:/forge/src/main/resources/ assets / aluminiummod / textures / items /”の中にプログラム内で指定した名前のpng形式で保存。

ブロック

“C:/forge/src/main/resources/assets/aluminiummod/textures/ blocks /”の中にアイテムと同様の形式で保存。

言語ファイル

“C:/forge/src/main/resources/assets/aluminiummod/ lang /”の中にlang形式で保存。

指定しなかった言語は英語で表示される。基本的には、何も設定しなかったときに出てくる、item.~.nameなどを使う。言語の設定は全体で共通なので、バニラまたは他MODと登録名がかぶると後に読み込まれたほうが適用される。バニラで使われていない文字列にすることはもちろん、他のMODともかぶらないように工夫する必要がある。コード内で、設定された言語の文字列を取得したい場合は、staticメソッドのStatCollector.translateToLocal(String)を使えばよい。

アルミニウムとアルミニウムブロックを英語・日本語で設定したい場合。

英語(アメリカ)

“en_US.lang”というファイルを作り、メモ帳などで開いて、

item.aluminium.name=Aluminium
tile.blockAluminium.name=Aluminium Block

と書いて保存する。

日本語

“ja_JP.lang”というファイルを作り、英語と同様に、

item.aluminium.name=アルミニウム
tile.blockAluminium.name=アルミニウムブロック

と書く。ただし、日本語の場合は最初の行は読み込まれないので空白にする。また、文字コードはUTF-8にする。

過去の質問

  • テクスチャが反映されません。
    • assetsの下である”aluminiummod”フォルダは、MOD IDをすべて小文字にして入れてください。
    • ログを確認してください。テクスチャが見つからなかったという内容のメッセージが表示されているはずです。見つからなかったファイル名が表示されているので、ファイル名が正しいか確認してください。

コメントはこちら。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[最終更新日]2017/11/21 20:00